墓じまいをしたい時はどうすればいい?流れや墓じまい後の供養方法を解説  

 

近年では、少子高齢化の進行によって、お墓の後継者がいないケースが増えています。また、「子供や孫にお墓を守る負担をかけたくない」と次世代を気遣う方や、「宗教と関係のないお墓が持ちたい」と考える方も多いのではないでしょうか。このような問題への対処法として挙げられるのが、墓じまいやお墓の引っ越しです。今回は、墓じまいの意味や手順を紹介します。



■墓じまいの流れと注意点

墓じまいとは、現在のお墓を撤去して更地に戻すことをいいます。もちろん、遺骨は取り出さなければなりません。その後の遺骨の行き先はいくつか選択肢がありますが、別のお墓に埋葬し直す場合(お墓を引っ越す場合)は「改葬」といいます。近年では、お墓の後継者不足や維持管理の負担への対策として注目されるようになりました。


墓じまいや改葬をする際の注意点は、墓地の管理事務所や自治体の役所において、必要な手続きを踏まなければならないことです。遺骨は遺体の一部であり、管理事務所に黙って持ち出したり、別の場所に無断で埋葬したりすることは避けなければなりません。扱いを間違うと刑事罰に問われるケースもあるので、しっかりと手順を確認しておく必要があります。改葬する場合の基本的な流れを見ていきましょう。


1:現在の墓地の管理者に墓じまい・改葬について相談する

2:改葬先を探し、購入手続きを行う

3:改葬先の墓地の管理者から受入証明書をもらう

4:現在の墓地の管理者から埋葬証明書をもらう

5:現在の墓地のある市町村の役所で改葬許可申請を行う

6:閉眼供養(魂抜き)を行い、遺骨を取り出してお墓を撤去する

7:改葬先に納骨する。仏式の墓地なら開眼供養(魂入れ)も行う


お墓の撤去にかかる費用は、規模にもよりますが10万円~30万円程度です。また、閉眼供養や開眼供養には僧侶をお招きするため、お布施として3万円~5万円程度をお渡しします。さらに、お寺の墓地を離れるにあたって「離檀料」を求められることもありますから、事前に十分な相談をしておくのが望ましいでしょう。


ちなみに、遺骨を別のお墓に埋葬しない場合は「改葬」に当たらないため、役所での手続きは必要ありません。お寺や墓地の管理事務所で遺骨の取り出し手続きを行い、お墓を撤去するだけで大丈夫です。手元供養や海洋散骨を行う場合が該当します(詳しくは後述)。


■墓じまい後の供養方法


墓じまいを行う時は、遺骨をどうするかも併せて考える必要があります。墓じまいをする理由は人それぞれですから、発生していた問題を解決できる方法を選ばなければなりません。墓じまい後の主な供養方法を挙げてみましょう。


▼近くの墓地に改葬する

墓地が自宅から遠く、維持管理の負担が大きくなっている時に使われる方法です。自宅の近くにお墓を引っ越せば、気軽にお墓参りをしたり掃除をしたりできるようになります。ご先祖様を尊ぶ気持ちも強くなるでしょう。


▼永代供養型の墓地に改葬する

近年人気が高まっている樹木葬墓地や納骨堂は、継承不要の永代供養が基本です。お墓の後継者がいない方でも安心して眠ることができ、子孫の維持管理の負担もなくなります。従来型のお墓でも永代供養にすることは可能なので、お墓の引っ越しと併せて検討してみてもいいでしょう。


▼手元供養を行う

遺骨を新しいお墓に埋葬せず、自宅で保管して供養する方法です。改葬先が見つからない時の一時的な手段として使われますが、故人を身近で弔うために、あえて手元供養を選択する方もいます。遺骨をオブジェに加工したり、デザイン性の高い骨壷に入れたりといった、さまざまなスタイルが考えられます。


▼海洋散骨する

遺骨をパウダー状に粉骨して海に巻く方法です。大海原で眠れるイメージから、近年人気が高まっています。ただ、マナーや法律・条例をしっかり守らなければならないので、専門業者に依頼して行うのが望ましいでしょう。なお、手元供養や海洋散骨は、新たなお墓に遺骨を「埋葬」するわけではないため、役所での改葬手続きは必要ありません。



■お墓に関することならトータルサポートさせて頂きます!

岡山県笠岡市の有限会社 西山石芸は、墓石の専門業者です。お墓の撤去はもちろん、墓じまいに関わる各種申請も丁寧にサポートいたします。その他にも、お墓の設置やデザイン、リフォーム、クリーニングに雑草対策など、お墓のことなら何でもお任せ!お悩みがありましたらお気軽にご相談ください。